紙・紙加工・紙裁断・ウェディングアイテムならpaper shop Teepee(静岡)

教室のご案内

折形教室 11月7日(火)

「折形(おりがた)」とは、飾りや贈りものを和紙で包む礼法です。

13世紀に誕生し、14世紀頃に武家礼法として確立されたと言われています。

「和紙で包む」ことは、外からの穢れ(けがれ)や悪いものから守るという意味が

あるのです。贈る方を思う心ですね♡

 

日 時 : 11月7日(火) 14:00〜16:30
 講 師 : 新日本作法会・日本こども作法会   水沼 陽子先生     
 会 費 : 講習費 3000円   
       材料費 1200円       
 定 員 : 8名 
 持ち物 : 定規、鉛筆、
         
*お申し込みの締め切りは、10月31日(火)ですが、定員になりしだい締め切らせていただきます。
*講習費・材料費はお申し込み後10月31日(火)までにお振込または店頭にてお支払いください。
*10月31日(火)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致し兼ねますが、材料のセットはお渡し致します。

(保管期間:3ヶ月)
*教室が催行されなかった場合は 全額返金致します。

*礼法のお話を聞きながら折ります

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横置贈進包み

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お年玉包み

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

菓子敷折 吉弔

 

お申し込みは・・・paper shop Teepee(ティピー)
                054-659-5252 
                               
ご参加お待ちしております♪

折形教室「お正月に向けて〜」

10月に入り、昨日はようやく青空が顔をだしてくれました♪
秋の風。天高く馬肥ゆる秋ですね♪♪♪

とはいえ、まだまだ大きな台風も西日本を進行中。
被害の少ないことを祈ります。

それでは、毎年恒例の年末教室「折形(おりがた)教室」をご紹介します。
1年の締めくくりに心を落ち着かせて「折形」礼法を学んでみませんか?
12月6日(火) 14:00〜16:30

折形(おりかた)とは・・・
飾り物や贈物を和紙で包む礼法で、13世紀に誕生し、14世紀頃に武家礼法として確立されたと言われています。
和紙で包むことは、外からの穢れ(けがれ)や悪いものから守るという意味があるとか。

「お金を贈る」という事も多いと思いますが、そんな時には心の伝わる包み方をしたいですよね。
是非、この機会に折形(おりがた)の礼法を習ってみませんか!!
背筋が伸びるような清らかな包み、贈られた方もきっと喜んでくださると思います☆

新しい年に向けて、お年玉包みも習いますよ。

 

 

dsc_2305

日 時 : 12月6日(火) 14:00〜16:30
講 師 : 新日本作法会・日本こども作法会 水沼 陽子先生    
会 費 : 講習費 2500円   
      材料費 2200円       
定 員 : 8名 (最少催行人数 4名)
持ち物 : カッターマット、カッター、ハサミ、定規、鉛筆、
       ボンド(先の細いホビー用ボンドはお店でも購入いただけます)       
*お申し込みの締め切りは、11月29日(火)ですが、定員になりしだい締め切らせていただきます。
*講習費・材料費はお申し込み後11月29日(火)までにお振込または店頭にてお支払いください。 

11月29日(火)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致し兼ねますが、材料のセットはお渡し致します。(保管期間:3ヶ月)
教室が催行されなかった場合は 全額返金致します。

お申し込みは・・・paper shop Teepee(ティピー) 
         054-659-5252 
                               ご参加お待ちしております☆

 

折形教室「お正月に向けて〜箸包み・お年玉包み・箱包み」 12月21日(月)

折形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街の木々も赤や黄色に色付き始め、「今年もあと○日」という声も聞こえてきそう。

新しい年を迎えるにあたり、折形(おりかた)という日本の包む文化を学ぶ教室開催です。

12月21日(月) 14:00〜16:30 

お正月の食卓には、祝いの箸包みと柳箸を置いてみませんか?

黒文字も添えられる折りになっている紅白のお箸包みを5ヶ作ります。

和紙で包むことは、外からの穢れ(けがれ)や悪いものから守るという意味があるとか。

新しい年を清らかな気持ちでお迎えできますよ♪

お懐紙を折って気軽に作れるお年玉袋も作ります。

お年玉だけでなく、ちょっとお金を包みたい時、身近の紙をささっと折って包めたら素敵ですね。

それからもうひとつ教えていただくのは、「箱包み」

お正月には、お世話になった方へご挨拶に行かれる事も多いのでは・・・

そんな時に「知っていて良かった☆」と感じる包み方です。

真・行・草の3種類。

折形(おりかた)は、飾り物や贈物を和紙で包む礼法で、

13世紀に誕生し、14世紀頃に武家礼法として確立されたと言われています。

日本の伝統、包む文化のお話は興味深いですよ。

是非 ご参加くださいませ。

                    

 講 師 : 新日本作法会・日本こども作法会   水沼 陽子先生     

 会 費 : 講習費 2500円   

       材料費 2100円       

 定 員 : 8名 (最少催行人数 4名)

 持ち物 : カッターマット、カッター、ハサミ、定規、鉛筆、

       ボンド(先の細いホビー用ボンドはお店でも購入いただけます)       

      *お申し込みの締め切りは、12月14日(月)ですが、定員になりしだい

       締め切らせていただきます。

      *講習費・材料費はお申し込み後12月14日(月)までにお振込または

       店頭にてお支払いください。

       12月14日(月)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致し

       兼ねますが、材料のセットはお渡し致します。(保管期間:3ヶ月)

        教室が催行されなかった場合は 全額返金致します。

        

 お申し込みは・・・paper shop Teepee(ティピー) 054-659-5252 

                         ご参加お待ちしております☆

検索

紙一覧

色で選ぶ

  • 白
  • クリーム
  • 黄
  • オレンジ
  • 赤
  • ピンク
  • 紫
  • 青
  • 緑
  • 茶
  • グレー
  • 黒
  • 金・銀
  • 透明
  • 模様
  • 両面

ページトップへ

  • お問い合わせご注文はこちら

paper shop Teepee Co.Ltd. All rights reserve