紙・紙加工・紙裁断・ウェディングアイテムならpaper shop Teepee(静岡)

教室のご案内

ローズウインドウ教室 2月10日(月)10:00〜12:30

みなさん、ローズウインドウをご存知でしょうか?
「ローズウインドウ」とは、教会の美しく飾った円形のステンドグラス「薔薇窓」を紙で再現したものです。
窓辺に飾って光に透ける様子はまるで本物のステンドグラスのようです。
みなさんも自分好みの色で作って、飾って楽しみませんか?

 

【ローズウインドウ体験教室】のお知らせ

講 師:れおん 松井陽子先生(光のアートonde~認定講師)
日 時:2月10日(月)
    10:00〜12:30(作業内容によって終了時刻は前後致します)
講習費:500円
材料費:1500円(背景をフィルムにする場合は+500円)
作 品:『雅爛(がらん)』
    20色以上の中からお好きな色合いで制作できます。
持ち物:手ぶらで気軽にご参加ください
    (道具はご用意してあります)
お申込み締切日:2月3日(月)午前まで
定員:6名(定員になり次第締切らせていただきます)

*講習費と材料費は、2月3日(月)までに振込または店頭にてお支払いください。
*2月3日(月)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致しかねます。
*2月3日(月)以降のお申込みは、店頭にてお願いいたします。

DSC_0041

12962441_1591460707837545_1440794217_o

12946911_1591460771170872_1010374737_o

12940988_1591460774504205_1197065370_o

 

シャドーボックス体験教室 2020年1月27日(月)

【シャドーボックス体験教室】のお知らせ

何枚かの紙を重ねて立体感をだすシャドーボックス。
さまざまなイラストが、奥行きを持たせる事で存在感が出るので、とっても素敵です。

 

日 時:2020年1月27日(月)10:00〜12:30
講 師:シャドーアート Petit Bouquet
    松永 眞知子先生
講習費:2000円
材料費:1000円
定 員:10名 
持ち物:ハサミ、カッター、カッターマット

作品は、「カメリアの花」「楽器3点」などお好きなものからお選びいただけます。(額付き)
この機会に是非ご体験ください!

 
 この機会に是非ご体験ください!

 

 

 

ローズウインドウ教室2020年1月20日(月)10:00〜12:00

みなさん、ローズウインドウをご存知でしょうか?
「ローズウインドウ」とは、教会の美しく飾った円形のステンドグラス「薔薇窓」を紙で再現したものです。
窓辺に飾って光に透ける様子はまるで本物のステンドグラスのようです。
みなさんも自分好みの色で作って、飾って楽しみませんか?

 

【ローズウインドウ体験教室】のお知らせ

講 師:れおん 松井陽子先生(光のアートonde~認定講師)
日 時:2020年1月20日(月)
    10:00〜12:30(作業内容によって終了時刻は前後致します)
講習費:500円
材料費:1500円(背景をフィルムにする場合は+500円)
作 品:『雅爛(がらん)』
    20色以上の中からお好きな色合いで制作できます。
持ち物:手ぶらで気軽にご参加ください
    (道具はご用意してあります)
お申込み締切日:1月14日(火)午前まで
定員:6名(定員になり次第締切らせていただきます)

*講習費と材料費は、1月14日(火)までに振込または店頭にてお支払いください。
*1月14日(火)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致しかねます。
*1月14日(火)以降のお申込みは、店頭にてお願いいたします。

DSC_0041

12962441_1591460707837545_1440794217_o

12946911_1591460771170872_1010374737_o

12940988_1591460774504205_1197065370_o

 

駿河東海道おんぱく2020「紙の魅力再発見! 世界に一つだけのお茶箱」体験教室

【駿河東海道おんぱく2020】のお知らせ

2月1日から3月1日まで、駿河東海道おんぱく2020(温故知新 博覧会)が開催されます。
静岡市内全体を会場に見立て、様々な「体験交流プログラム」が行われるイベントです。

paper shop Teepeeでも、体験プログラムを期間内に4回企画いたしました。

 

【紙の魅力再発見! 世界に一つだけのお茶箱体験教室】

静岡産の杉材を使い、内側に亜鉛板を貼ってつくられるお茶箱。静岡市では1軒だけとなった市川製箱業さんのお茶箱にTeepeeで選ぶお好きな紙を貼って、オリジナルの小箱をつくりませんか。 写真の作品はイタリアンペーパー、皮革風クロス紙を貼って制作。茶箱は防湿性・防虫性に優れているから、食品だけでなくアクセサリーなどの保管にも適しています。身近にお気に入り小箱があったら、毎日の生活も楽しくなるはず♪♪♪

*駿河東海道おんぱく2020(温故知新 博覧会)
にも掲載されておりますのでそちらからの受付でもお待ちしております!

https://womo.jp/feature/tokaido-onpaku

 
 
 

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * 

開催日: 2月 8日(土)、2月21日(金)
     2月26日(水)、2月29日(土)
時 間: 9:00〜12:30

講 師: 服部ますみ先生
    カルトナージュ講師(AtelierMERCOEUR 主宰 表参道・アトリエパピエ75 認定講師)

講習費: 3900円(茶箱+内側ブレード+底台紙付き)
     +紙代:イタリアンペーパー、スキバルテックス
     (300円〜800円程度)
    *希望の方は、外側のブレード、タッセル(各100円)

定 員:5名(催行最小人数1名)

持ち物:カッター、定規、シャープペン、手拭き(乾・濡)
    お持ちの方は、カッターボード、へら、平筆

作 品:お茶箱にお気に入りの紙を貼って小箱を作ろう!!

☆ご予約の締め切りは、開催日2日前までにお申込みください。
☆講習費は、当日支払いでも構いません。

お申し込みは・・・paper shop Teepee(ティピー) 
         054-659-5252 
         営業時間:9:00〜18:00
         定 休 日:木曜・祝祭日

*年末年始営業のお知らせ
 2019年12月29日(日)〜2020年1月5日(日)
 お休みさせていただきます。
   
ご参加お待ちしております☆

水引教室「全3回講座」2020年2月4日(火)3月3日(火)4月7日(火)

日本の精神文化を象徴する「おもてなしの心」

そのひとつとして、進物を清浄の和紙で包み上げ、水引で結んで熨斗を添える作法があります。

水は不浄を清めることから、清らかな品を贈る意味を込めていると伝えられています。

またわが国では、古来から「結び」には魂が宿り、邪気を払うと信じられていました。

 

最近では、可愛いアクセサリーを作るなど、水引の魅力が見直されてきていますね☆

そこで、皆様からのリクエストにお応えし、2020年に全3回講座を企画いたしました。

 

水引の基本の結びを覚えると、様々な結びにアレンジすることができますよ♪

是非、この機会に「水引」の世界に触れてみませんか?



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回 2月4日(火)14:00〜16:00  あわじ結び、菜の花結び 

                 *栞やナプキンリングを作ります。

第2回 3月3日(火)14:00〜16:00  梅結び

    *菜の花結びも添えて、小さな花束を作ります。

第3回 4月7日(火)14:00〜16:00  玉結び

    *イヤリングを作ります。 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水引伝承のお話を聞きながら、結びを学びましょう。

水引で小物やアクセサリーも作ります。

 

*     *     *     *     *

 

日 時 : 2月4日(火)14:00〜16:00

      3月3日(火)14:00〜16:00

      4月7日(火)14:00〜16:00

講 師 : 新日本作法会・日本こども作法会  水沼 陽子先生

会 費 : (全3回)講習費 7500円    材料費別(300円〜500円程)

定 員 : 8名 

持ち物 : ハサミ、ラジオペンチ

締め切り: 2020年2月2日(日) 

 

 *講習費・材料費は2月2日(日)までに振込または店頭にてお支払いください。
  2月2日(日)以降のキャンセルの場合、講習費等の返却は致し兼ねます。

 *第1回目は、基本の「あわじ結び」を学びます。2回目3回目の講座に必要な結びですので

  第1回目は必ず参加していただくようお願いいたします。

 

お申し込みは・・・paper shop Teepee(ティピー) TEL 054-659-5252 

ご参加お待ちしております♪

 

 

◎水引とは・・・和紙を紙縒り(こより)状にし、糊を引いて作られます。

 進物を清浄の和紙で包み上げ、水引で結んで熨斗を添える作法は、

 室町時代に盛んになりました。
 「水引」の名は、水糊を引くことに由来するという説も。
 水は不浄を清めることから、清らかな品を贈る意味を込めていると伝えられ、

 「もてなしのこころ」という日本独自の精神文化を象徴するものといえます。
 またわが国では、古来から「結び」には魂が宿り、邪気を払うと信じられていました。
 そのため「水引」は現代でも慶事や弔事には欠かせない習慣として、私達の生活に根付いているのです。

 大正時代に入ってからは、立体的な細工も生まれました。

 

ページトップへ

  • お問い合わせご注文はこちら

paper shop Teepee Co.Ltd. All rights reserve